スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

あらいぐま作戦(東京でできる写真洗浄ボランティア)

araiguma-kun
~写真を洗い、思い出を届けよう~

りす会+moi(佐藤咲子+岩間洋介さん)による、被災地支援作戦 第2弾です。

第1次あらいぐま作戦 7/9(土)~7/24(日) 
宮城県の山元町気仙沼市の写真を洗浄しました。

第2次あらいぐま作戦 8/9(火)~10/13(木)
岩手県の陸前高田市と宮城県の女川町の写真を洗浄しました。


☞これまでの成果

【作戦形態】 
「あらいぐま作戦」は2つの部隊に分かれています。
1014現在、どちらの部隊も募集を閉め切りました。
たくさんのご参加、ありがとうございましたm(_ _)m

1、あらいぐま部隊 (写真洗浄)
吉祥寺で写真洗浄をします。初めての方でもぜひご参加ください。☞詳細はこちら

2、あらいぐま応援部隊 (活動費提供)
1口500円で活動費を募ります。☞詳細はこちら
【収支報告】
おかねの出入り 第1次あらいぐま作戦(7/2~8/1)
おかねの出入り 第2次あらいぐま作戦(8/8~12/31)



【連携先】
ア、岩手県陸前高田市の写真
  「まるごとアーカイブスプロジェクト」 (陸前高田思い出の品返却活動)
  twitter @takata_omoide
  NPO 「みんつな」
  写真公開場所:気仙大工佐官伝承館(2011年12/12まで)
         高田町字鳴石50-10 駐車場内コンテナ(2011年12/17から)
  *年末年始も休まず公開予定☆


イ、宮城県女川町の写真
  女川町災害ボランティアセンター
  NECO OSS(女川写真洗浄)
  写真公開場所:女川町総合運動場内陸上競技場スタンド下写真洗浄室
  *2011年12月28日~2012年1月3日の間はお休み
   ボラ受け付けは12/25(日)までと、1/14(土)から。
  1/10(火)閲覧センター開設予定

 
ウ、宮城県気仙沼市の写真
  思い出は流れない写真救済プロジェクト」
  twitter @shinjitakai
  写真公開場所:唐桑体育館
  *2011年12月30日~2012年1月2日の間はお休み
  

エ、宮城県山元町の写真
  「思い出サルベージアルバム・オンライン」
  twitter @DenshokanOmoide
  写真公開場所:山元町ふるさと伝承館
  *2011年12月28日~2012年1月4日の間はお休み


オ、「ハートプロジェクト」
PHOTO TAKANO STUDIO+ 高野さん主催のプロジェクト。活動場所が東京南部だったため、北部の方々も参加しやすいように、そしてより多くの写真を洗えるようにと、吉祥寺に活動場所を拡張したのがこの「あらいぐま作戦」です。「ハートプロジェクト」と「あらいぐま作戦」は姉妹のような関係。

カ、写真救済プロジェクト(富士フィルム)



気温や湿度の上昇のため、写真の劣化に拍車がかかっています。今なら救える写真も、時間が経過するにつれゴミとなってしまいます。写真洗浄は今、時間との勝負。「あらいぐま作戦」は、被災地の洗浄の必要な写真がなくなるまでの短期集中作戦です。

思い出が詰まった大切な写真。
1枚でも多く洗い、1枚でも多く持ち主の元へ戻したいと思います!
一緒にあらいぐまになりませんか?
みなさま、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

2011年7月6日(水) 佐藤 咲子

*作戦中、この記事はブログトップに置いておきます。
 (そのため未来日付の10/15になっています。)
*作戦進捗状況はtwitter @risukai(私)と@risukai_PR (りす会広報課長 しま りす作)、そしてこのブログでご報告していきます。



10/13(木)、吉祥寺でのあらいぐま作戦は終了しました。

山元町と気仙沼市の写真洗浄は終了しています。

女川町の写真は、おおあらいぐまたちが現地を訪れた8/12時点で205カゴほど洗浄する写真があり、その時点での洗浄ペースだと2012年3月までかかる計算でした。
現在、現地の残部は20カゴほど。現地で終わらせられる数量だそうです。
女川の洗浄が必要な写真の、約9割をあらいぐま作戦で洗浄しました。

陸前高田市の写真は、まだかなりの量が残っていますが、現在下記で洗浄中です。
ご都合のつく方、今後もお近くの写真洗浄にぜひご参加くださいませ。

☞あらいぐま作戦新あじと3カ所

☞被災地写真洗浄ボランティア@アーツ千代田3331(富士フィルム)

☞その他各地の写真洗浄のご紹介(富士フィルム) 


りす会による吉祥寺でのあらいぐま作戦は、のべ3,000匹以上のあらいぐまさんにご参加いただき、約200,000枚の写真を洗浄しました。
私一人の力では到底無理な枚数を、みなさまのご協力により洗浄することができました。
現地で手元に戻った写真も数多くあるとの報告も受けております。
ご参加くださったみなさま、ご協力いただいた個人や企業のみなさま、現地でお忙しい中動いてくださった連携先のみなさま、心から感謝しております。
誠にありがとうございました。

洗浄した写真たちが、1枚でも多く、持ち主の元へ届くことを祈っています。
震災で被害に合われた方々に、少しでも笑顔を届けられるのなら、うれしいのですが…。

2011年10月14日(金) 佐藤 咲子
スポンサーサイト
00 : 05 : 00 | あらいぐま作戦 | トラックバック(4) | コメント(4) | page top↑

写真救済サミット

『写真救済サミット』に参加してきました。

日時:12/1(木)13:00~17:30
場所:富士フィルム仙台ビル
主催:富士フィルム写真救済プロジェクト
テーマ:写真救済活動の課題と今後~返却率向上施策
参加者:各地域の写真洗浄活動リーダー

参加者リストは下記
【岩手】
宮古、山田町、大船渡
【宮城】
気仙沼、女川、七ヶ浜、東松島、名取(閖上)、岩沼、山元町
【福島】
新地
【東京】
ハートプロジェクト、りす会、千代田3331、東京芸大、MM思い出返し隊


各地域の取り組みや現状、課題などが聞け、有意義な時間となりました。
IMG_6333.jpg

各地域で抱えている問題はそれぞれ。行政との関わり、住民の意識、ボラの人数…。
いろいろ課題はあるけれど、基本的には、各地域で各担当者がそれぞれの方針でがんばるしかないのだな、と感じました。

ただ、周りがなんとか手を貸さなければならないことが2点。
1、女川のボラ不足
2、岩沼の保管場所閉鎖問題

1、【女川:ボラ大募集中!】
洗浄の9割はあらいぐま作戦で終了していますが、輸送できないほど傷んでいる白黒写真のラミネートなどの作業が残っているそうです。
現在1日3名体制で、とにかく人数が足りないとのこと。
ただし、女川には宿泊施設がありません。(泊まるとすれば石巻か仙台とのこと。)
できれば女川の現地の方や宮城県内の方で、協力いただける方いらっしゃらないでしょうか?初めての方でも大丈夫☆
女川へ行ける方、ぜひご協力ください☆
詳しくはこちらをご覧くださいませ☞ NECO OSS(女川写真洗浄)のブログ「現状での募集体制」

2、【岩沼:アイデア募集中☆】
岩沼では写真洗浄とそのデータ化は終了していますが、展示は8月で終了し、今は旧図書館に保管されています。公開されず、せっかく洗浄されきれいになった写真たちが持ち主に届かない状況。
どうしたらよいか、アイデア大募集中だそうです!
洗浄済み写真の公開場所がなくなった件は、今後どの自治体でも起こってくると予想され、岩沼だけの問題ではありません。どうしたらいいでしょうね?


最後、みんなで集合写真。
写真洗浄業界(?笑)としてはなかなかすごい顔ぶれでした。
dsc_3112.jpg
(写真提供:日本社会情報学会災害情報支援チームの溝口さん)
(ちなみに、溝口さんの報告記事はこちら。

23 : 50 : 00 | あらいぐま作戦 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

りす会

Author:りす会
twitter ID:
@risukai(咲子)
@risukai_PR (りすさく)

e-mail: risukai.pr★gmail.com(★→@)(広報課長しま りすさく)

@risukaiのツイート

@risukai < > Reload

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

あらいぐま作戦 (86)
共同購入作戦 (17)
その他の活動 (2)
未分類 (4)
新あじと (0)

スポンサードリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。