スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

あらいぐま作戦 Q&A

同じような問い合わせや、e-mailや電話でのお申し込みが増えています。
作業場での進行・運営、参加者の把握、参加者への事務連絡、被災地との連絡、広報、とにかく全ての作業を、基本的にほとんど一人でやっております。
(「りす会」メンバーは基本的に私一人。広報課長 しま りすさくさんもいるのですが、只今インド出張中。ネット関係を手伝ってくれています。)
(もちろん、隊長などで助けていただいている方々もいらっしゃいます。ありがとうございます!)

ですので、時間的・体力的限界があり、事務作業はできるだけ軽減したいと思います。

とにかく、お申し込みは「申し込みフォーム」から!
(ただし、申込みフォームは携帯電話からは利用できません。パソコンまたはスマートフォンから入力ができない方は、risuaki.pr★gmail.comに、フォームが利用できない旨を記載の上、お名前、参加希望日・時間帯、メールアドレス、電話番号をお送りください。)

キャンセルや問い合わせがある場合は、twitterで、あらいぐま父さん@supi103 か、りすさく @risukai_PR へ!
を徹底していただけると助かります。

メールでのお問い合わせは、緊急の場合など最小限でお願いしますm(_ _)m申し訳ありません。

問い合わせが多いQ&Aを載せておきますので、ご参照ください。

New!
Q. ○○○(町の名前)の写真しか洗いたくないんですが。

A. あらいぐま作戦では、写真一枚一枚の価値は同じであり、地域を区別することなく、救える写真から救うという方針をとっています。特定の町の写真しか洗いたくないのは、○○○以外の町の写真は、○○○より価値が低いという意味なのでしょうか?そのような考えは理解しがたいので、あらいぐま作戦ではなく、他の活動にご参加下さい。


Q. はじめてでも大丈夫ですか?

A. 大丈夫です。みなさん最初ははじめてです。

Q. 一人で参加も可能ですか?
A. 可能です。年齢や性別は問いません。

Q. まだ空きはありますか?
A. 申込み状況はこちらからご確認ください。また、申し込みフォームを閉じていないということは、空いているということです。万が一定員オーバーな場合は、後ほどご連絡いたします。

Q. 当日申し込みはできますか?

A. できます。人数がオーバーしないかどうかは当日もチェックしています。そして少しオーバーしていても大丈夫です。とにかくお申し込みフォームよりお申し込みください。

Q. ○○時から○○時までしか参加できないのですが大丈夫ですか?
A. 大丈夫です。途中参加、途中離脱、構いません。申込フォームにその旨を記載して下さい。

Q. いつが空いていますか?少ない日を教えてください。
A. こちらからご確認ください。

Q. 申し込みフォームを送信したのですが返信がありません。ちゃんと届いているでしょうか?
A. 送信ボタンを押していただいた段階で、こちらにはちゃんと届いております。申し訳ないのですが、返信はしておりません。(自動返信の方法わかりません。Google ドキュメントでもしご存知の方いましたらお教えください。) フォーム送信後、確認メールが届くようになりました。

Q. 返信がなかったため、申し込んだ日を忘れてしまいました。いつ申し込んだでしょうか?

A. 送信ボタンを押す前に、手帳などに参加予定日を記入しておくことをおすすめします。

Q. グループで応募する場合は一括で応募できますか?

A.基本的に1人1回応募フォームより入力して下さい。大人数(10人以上)の場合は、risukai.pr★gmail.com(★→@)までご連絡ください。

Q. 申し込みフォームは毎回記入しないとダメですか?

A.自動で人数が把握できるため、ご面倒でも申し込みフォームからお申し込みいただければ大変助かります。お手数おかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Q. 作業場の写真を撮ってもいいですか?

A. いいです。この活動をどんどん広めてください。ただ、なるべく個人が特定できるような写真をネットにアップすることは控えましょう。

Q. 自転車で行ってもいいですか?
A. はい。建物のすぐ近くに停められます。

Q. あらいぐま応援部隊(活動費提供)への入隊は作業場でもできますか?
A. できます。私(佐藤咲子)かその時の隊長にお渡しください。(ありがとうございます!)

Q. 「りす会」ってなんですか?
A. りす会+moiの被災地支援第1弾「共同購入作戦」をしようとした際、山元町では個人からの支援物資は受け付けていなかったので、個人名ではなく団体名をつけました。名前は何でもよかったのですが、りすが大好きなので「りす会」としました。(普段はりす写真を撮っています。)被災地支援のために作った会です。

Q. 「りす会」って何名くらいいるのですか?
A. 基本的に、私一人です。(ただ只今繁忙期のため、広報課長を「しま りすさく」さん @risukai_PR にお願いしています。←インド出張中。)

Q. 作業場は誰の部屋ですか?りす会が借りているのですか?
A. 2つ同じような建物が並んで建っていますが、私は作業場の隣の棟に住んでいます。このアパートは、元々木造で古かったこともあり、東日本大震災の際、瓦が落ちたり壁が崩れたり、東京にも関わらずかなりの被害を受けました。それで建て直すことになっており、現在入居者は続々と出ていっています。そこで空き部屋となっていた部屋を、写真洗浄の作業場として貸していただけないかと不動産屋さんと大家さんに頼みました。何度か断られたのですが(居住者の人の迷惑になるなどの理由で。)、ハートプロジェクトでやっている作業風景などをプリントし、東北出身の者として手紙で大家さんに訴えたところ、その手紙が大家さんのご子息の目にとまり、ご子息が大家さんを説得してくださり、無償で貸していただけることになりました。
当初、私が9/1に引っ越してしまうので、私の部屋と同じ8月末までとのお約束でしたが、陸前高田や女川にはまだまだ膨大な写真が残っていることをご相談し、10月中旬までお貸しいただけることになっています。

Q. はじめたきっかけは?
A. 簡単に言えば、宮城県出身で、何かしなければいけないと思ったからです。

詳しく言うと…
私は宮城県出身で、現在、東京吉祥寺在住です。
3/11以降、私にできることはないかと考え続けていました。
また、私一人の力は微々たるものですが、私が住んでいる吉祥寺の近くの方々も、被災地の方々に対して「何かしたい」と強く思っておられることを知りました。
そこで、みなさんのその気持ちを集め、被災地の宮城県へ届けられたらいいな、と思いました。
吉祥寺にある北欧カフェmoi の岩間さんにご相談に乗っていただき、「何かしたい」と思われているみなさまの思いを現実の品物に変え、つまり共同購入を行い、それを宮城県に届けよう、という話になり、4月に被災地支援第1弾「共同購入作戦」を実行しました。

その際、1週間ほど宮城県の実家に滞在し、山元町にがれき撤去のボランティアに行きました。私は腰痛持ちなこともあり、がれき撤去はきびしく、1日でへろへろになってしまいました。しかし、ボランティアセンターの貼り紙を見ていたら、「写真洗浄」という仕事もあることを知り、それなら私でも、東京でも、できるのではないかと思いました。

東京へ帰って来てから、写真洗浄について調べ、ハートプロジェクトのことを知り、参加し、これなら、東京にいながらできそうだと考え、計画を練り、また岩間さんにご協力いただいて、立ち上げたのがあらいぐま作戦です。

写真に関しては、現地での連携先がとにかく大事です。プライバシーの問題もあるため、すぐに県外に出せなかったり、いろいろな障害もありましたが、まぁ紆余曲折の末、山元町、気仙沼市、陸前高田市、女川町、の写真を洗浄することになり、現在に至っています。
スポンサーサイト
00 : 00 : 01 | あらいぐま作戦 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新あじと | ホーム | あらいぐま部隊(写真洗浄)10/13(木)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://risukai.blog90.fc2.com/tb.php/52-f061ad47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

りす会

Author:りす会
twitter ID:
@risukai(咲子)
@risukai_PR (りすさく)

e-mail: risukai.pr★gmail.com(★→@)(広報課長しま りすさく)

@risukaiのツイート

@risukai < > Reload

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

あらいぐま作戦 (86)
共同購入作戦 (17)
その他の活動 (2)
未分類 (4)
新あじと (0)

スポンサードリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。